反芻し債務整理

ついに、チャグムがバルサから自立する時が来ました。
今や、チャグムは、王の槍となったカグロの息子・カームとともにカンバル軍を率い、
対タルシュの同盟を結ぶへく、ロタ王国に進軍するだけの力を得ています。

そうならば、とバルサはチャグムに短槍を渡し、立ち廻りを始めます。
バルサがジグロとの槍舞いの中で、過去を反芻し債務整理していったように、
チャグムもバルサとの懐かしい記憶をたどりながら、槍を交えます。
どうやら、チャグムも槍舞いの使い手になったようです。

もはやチャグムを用心棒として護る理由がないと感じたバルサは、
その契約関係を解いて、カンバルの作法に従ってチャグムに忠節を誓い、
「チャグム皇太子殿下」に対し別れを告げたのでした。

なんとさわやかな別れであることか、と思った前半とはうらはらに、
その後のタルシュと新ヨゴ国の戦いが、あまりにつらすぎました。

債務整理じゃない

国が介入しても頑固に払わないと主張する元配偶者にイラっとしながらも最近の調停の
人達を見て思うと余りにも離婚案件が多いのかさっさと合意させたいのがミエミエで・・・。
どうも無い所から取れないばかり言うけれど、無いんじゃ無くて出す気が無いだけだと言
うのは相手の生活と年収で解る。これだけの年収があって暮らせないと主張するのは
やりくり下手だって事なので最近はやりくり任されてる後妻をディスってるよ。

債務整理とか無駄遣いしちゃうと後妻みたいに馬鹿になっちゃうよってね。まぁ生活保護って制度が変
だもの。借金あると申し込めない・・・借金が無い無一文の貧乏人と借金がある貧乏人。
どちらが困ってるでしょうか?だけど借金があると申し込めない・・・この事だけでも矛盾。

働けばって言うけど、世の中働く気があったとしても雇って貰えるかは別問題だしね。そ
もそも労働力と賃金が見合ってるの?って話になるとかなりキツイ仕事して給与が安い
って人が国民の中には多いのでは?と思う。そうなると働く気力が湧くかどうかも疑問。

ただ母子関連は非養育親から支払わせる事でかなり解決するのでは?と思う。

債務整理と判断

経済が混乱している南米ベネズエラは、対外債務の返済が滞っているとして、国際的な金融の業界団体は債務不履行にあたるという判断を示しました。金融市場への影響は限定的と見られていますが、ベネズエラの不安定な政治や経済情勢への影響が注目されています。

ベネズエラでは、反米左派のマドゥーロ大統領による経済政策が行き詰まってハイパーインフレを招き、主要な輸出品の原油価格の低迷で日本円で10兆円を超えると見られる対外債務の支払いが滞る懸念もあり、債権者との協議が続いています。

国際的な金融の業界団体「国際スワップ・デリバティブ協会」は16日、ベネズエラの国債と国営石油会社の社債について、債務の返済が滞っているとして、デフォルト=債務不履行にあたるという判断を示しました。

億を超える債務整理

青森市といえばコンパクトシティの先進地として有名だが、それが失敗した
とNHKの「クローズアップ東北」が詳しく報道していた。

コンパクトシティとは、中心市街地に行政機能や商業施設を集約させ、郊外に住む高齢者も呼び込んで地域再編を図る手法。

いかにも都市計画の専門家が考えそうなやり方だが、青森では中心部の象徴的な商業施設「アウガ」が200億円を超える債務整理。

1階から4階を閉館する事態になった。目標としていた中心部の人口7万6000人も約5万人まで減少したというから、失敗の烙印を押されても仕方あるまい。
青森市は郊外に1万平方メートルを超える商業施設の出店規制をかけた。

それでもマックスバリューなど私たちがよく知っているチェーン店が乱立し、むしろ郊外に人の流れができてしまったのだ。

本当の債務整理

もっぱらテニスの四大大会のため
だけに加入したつもりですが、
意外やドラマが面白いものです。

最近、再放送していたものを
録画して往復の通勤で見ています。

「しんがり、山一證券最後の12人」

この年になると、ちょっと見方が変わりまして、
それが面白さに深みを増している気もします。

「会社が簿外債務を隠していた。」
というのは今でも陥りやすい罠であり、
それが、現在の仕事を選ばせた
究極のインセンティブだったのですが、
同じく勤務先の破綻を経験している身としては、
いろいろな思いや人もあったな、と、
懐かしくもなります。

それらを見抜く技術も然ることながら、
その後のケアやらその前の経緯やら、
様々なことが隠れているわけですが、
そこに経済の根底、つまり、
「儲けたい」
というモチベーションがあったりするのです。

経済ということの一つの究極が
「破綻」
ということに凝縮されているのでしょう。

原作を読むのが楽しみです。

債務整理の上限

マーケットは、なんでも悪い話ばかり探す癖がある
マーケットは、いつもそうですが、売る材料ばかりを探します。これは一種の癖ですが、常に最悪の状態を想定して、その上でリスクを取るのが投資なので、こうした傾向は致し方ないものです。

ただ、悪い材料というものを、文字通り受け止めるわけではありません。とくに、予定されているイベントの前に、悪い結末を織り込んでいるのが普通ですから、ポジションもそれに備えたものになっています。

実際のイベント通過では、そのポジションが巻き戻すので、出尽くしになってしまうのが普通です。

グローバル市場で一番危惧しているのは、恐らく米国の連邦債務整理の上限の延長が9月29日までに成立するかどうか、ということかもしれません。まだ先ですが、もう時間が無いとも言えます。

2011年8月にもこの問題が警戒され、米国国債が格下げになってしまったことから、日経平均は月間で9%の下落となったことがあります。
2013年には、実際に政府機関が閉鎖されてしまい、9月中旬から株価が下落していった経緯があります。

債務整理が終わって

原付を取るのにお金使ったので、買えないなって所でガススタでバイトで入り、支払いを2年にしたけども、バイトは頑張れば12万円くらいになったので、2ヶ月ローンで良かったンですよ。1度の事故で何万もかかってしまった。しかも怪我が多くて、ガススタもほどなく退職。叔父叔母と従兄弟の住むマンションから学校に通い、バイトもして債務整理が終わってバイトもしなくなった。
まあ、お金が無いなら大人しくしていればお金を使わないし、ゲームを1番欲しいのだけ購入してやり込んだりしていたのです。
でも高校を出たら働かないとイケマセン。学校の紹介から1件選んで行き始めたのですが、自動車免許がギリギリの日数になって、休日返上で通っていましたが、やっと取れたのが2日前と言う。けども、3ヶ月で辞めてしまう事に。完全に人間関係ミスでした。それからしばらくして、RZ50も配車に。この配車は後で考えると勿体ない事でした。
そういえば、いま使ってるデジカメが昨日、調子が悪くなったので、新しいデジカメはすぐにでも欲しくなりました。でも買うと予定が崩れてしまうのですよね。買うなら秋くらいかな。それまでガンバレA710IS。

債務整理と弁護士と

早いのか長かったのか、分かりませんが?仕事変わってもうすぐ丸々二年です!かなり給料ぴかぴか(新しい)ドル袋ぴかぴか(新しい)も貰いましたけどうれしい顔裁判やら弁護士先生やら管財人やら沢山いりました。

おかげで嫁さんの機嫌が悪いです、ただいま板さん居候です!25年毎月20万弱ロ-ン払った家も売り飛ばされて嫁さんの実家に買い戻してもらってまた家賃払って、住ましてもらってます顔(嬉し涙)

そして何と、息子が帰って来る見たいです!車車(セダン)駐車場が二台しか置けない、庭つぶさなあきません、幾ら居るか?頭が痛く成りますわ。

金は天下の回り物何とかなるやろるんるん後40日債務者からクレ-ムが無ければ!会社の処理が終わります、そろそろ仕事転職先探して見ます。

最悪京都、名古屋、東京かなexclamation老後の資金ためやなるんるん厚生年金は入ってるけどうれしい顔

何の話しやぴかぴか(新しい)三重は寿司屋元気有りません、廃業、倒産の嵐です!大都会以外は全国的ですが!気合い入れてもうひと踏ん張り頑張るか。

腕と度胸は自信ある板さんです。

債務整理によってわかったこと

第二次大戦後、世界の植民地はすべて解放されたように見えます。しかし、植民地の体制を軍事・政治から商業・金融に移しただけに過ぎませんでした。直接統治という方式は、怒りに目覚めた民衆の反乱が起こり、それを鎮圧するために非常に高いコストがかかるからです。
かつての植民地は発展途上国と呼ばれ、開発のために融資を受け、その債務返済のために「構造改革」を迫られ、その資源は多国籍企業によって押さえ、結局は安価な資源の供給地のままに置かれました。
一方、日本はアメリカから資金と技術とノウハウの提供を受けて、軍事の面ではアメリカに依存し、経済大国となりました。戦後の世界の産業構造を大まかな視点で見てみますと、途上国が資源を供給し、日本が生産し、アメリカが買うという構造になりました。当然、アメリカの対日貿易赤字が拡大し、それを是正するため、1985年のプラザ合意で「ドル安・円高」政策が取られます。これにより急激な円高が進行。1ドル240円前後だった為替相場が、数年で1ドル120円台にまでなりました。
米国から見れば、この為替変動によって赤字を半分返済したようなものです。日本政府は、円高による打撃を受けた輸出業界を救済するため、金融緩和を実施しました。この時ダブついたお金が投機を加熱。特に株と土地への投資が盛んになり、バブルが発生します。

大きく債務整理に影響

誰も知る必要もなく知る術もないことですがなんとなく
バンドやることで不良っぽい人と仲良くやれたり
楽器の話で仲良くなれたりとか
先輩が気にかけてくれたり音楽の幅がひろがったりで
人前でなんかやるってのが抵抗なくなったり
時間と予算をかなり投資しましたけどそれなりの財産ってことで

1.1992~1993 高校時代のバンド(ドラム)
ボーイのコピーバンドで中学時代の友人と組む
最初はサイドギターだったけどドラムに転向
ここでドラムを経験する事がこの後の方向性に
大きく債務整理に影響を与えるのです
やったライブは一回かな 人生初ライブは92年の12/23でした
このあと夏祭りやクリスマスとかで再結成ライブやったな
みんな就職したり進学したりで解散です
大学受験を控えてバンドの練習場だった友人宅のはなれが
閉鎖の日とかなんか青春だったな