債務整理と判断

経済が混乱している南米ベネズエラは、対外債務の返済が滞っているとして、国際的な金融の業界団体は債務不履行にあたるという判断を示しました。金融市場への影響は限定的と見られていますが、ベネズエラの不安定な政治や経済情勢への影響が注目されています。

ベネズエラでは、反米左派のマドゥーロ大統領による経済政策が行き詰まってハイパーインフレを招き、主要な輸出品の原油価格の低迷で日本円で10兆円を超えると見られる対外債務の支払いが滞る懸念もあり、債権者との協議が続いています。

国際的な金融の業界団体「国際スワップ・デリバティブ協会」は16日、ベネズエラの国債と国営石油会社の社債について、債務の返済が滞っているとして、デフォルト=債務不履行にあたるという判断を示しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す



*

電話お問い合わせ