債務整理を始めた

今日からfgo始めました。
まぁ、グラブルメインでやるつもりなのでペースは遅めだとは思いますが。

何故債務整理を始めたのかは、自分でも謎。
グラブルも同じなんだけど、唐突にやりたくなったんだよね。
まだまだわからないことだらけの新人マスターでござい。

今日も天気は良かったけど風が冷たくて、寒かったですね。
外出もせず、先日買った大神 絶景版をプレイしてました。PS42でやってはいましたが、意外に覚えているものですな。相変わらずカメラを上手く使いこなせてないとこがミソ(^◇^;)
でも相変わらず大神おろしは見ていて気持ちが良いですね。
まだ慣れなくてスクショも動画も撮れてませんが、やはりうちのネット環境は改善しなくては。

部屋で暖房はつけていたんですが指が冷たくなりすぎて、8時くらいには切り上げてしまいましたよ。
また週末にでもちょろりとやることにします

債務整理で疑問に思った

今日のNHKラジオ番組ラジオ「すっぴん!」で、人生相談の本を紹介していました。本4
この本は著者(詩人)が受け持った女性女性からの相談を年齢順に並べたもので、子供少女(を持つ親から)の相談もありました。
子供がいじめられていて泣き顔つらいという内容だ。

ここでふと債務整理で疑問に思った。電球
色々な新聞雑誌新聞で人生相談を取り扱っているが、今までの最年少名札は何歳なのか知りたい。もちろん子供本人からの投稿メールで。

とかく子供の相談となると、ラジオ番組「子供電話相談室電話」や「夏休み子供電話ひまわり」が知られているが、純粋に悩み相談がく~(落胆した顔)となると少ないであろう。
JR西日本は4日、岡山―総社間を結ぶJR桃太郎線(吉備線、20・4キロ)をLRT(次世代型路面電車)化することで合意した。低床車両を導入して運行本数を最大で2倍に増やし、駅を増設することで住民の利便性アップや地域活性化、観光振興を図る。(山陽新聞)

今回見た債務整理は

また~りコーヒーには『サッポロ珈琲館』

ロイヤルミルクティとヴァンサンカンを熟読して帰る。
最近、日が長くなってきた。春分だものねぇ~あぁ誕生日が来る

春が来たハートと思ったのに、カーテンを開けたらまっちろ雪
それでも暖かいので、雪は溶け始めるから道路はカーリング状に。

早くライダース着たいのになぁ・・・

美容院木曜日の洋裁教室

オフホワイトのベロアワンピースが仕上がりました。 う~ん・・・イメージが違う。
着てみても遠目に・・・目裸に見えるwww

上着を合わせないとならない一着となりました。

お弁当は毎度!たい焼き。

今回見た債務整理は分からないと思いますが「オムライスたい焼き」です。
ケチャップライスを挟んで、一般的な焼きもしてみましたが、全混ぜして焼くのがイチバンだ。

HM、小麦粉、餅、、餃子の皮、玉子・・・いろいろ鯛にしたが、他にはないのか?
そば粉はどだろ?春巻きの皮+焼そば?

具体的に債務整理を

原子力に関する議論があります。
原子力発電の是非については長年議論されていて、特に福島原発事故の後はその影響について、事故に伴って放出された放射性物質の影響がどのくらいあるのかについての調査が続けられています。

新聞やネットニュースにも、様々な観点から多くの記事が掲載されています。
そうした記事が技術的な観点からちゃんとしているかを見極めるのに、用語が正しく使い分けられているかどうかに注意すると判断できることがあります。

具体的に債務整理を言うと、似た専門用語がみっつあります。「放射能」と「放射線」、それに「放射性物質」です。
これらは関連しあっていますが別の言葉であって、住民への影響、環境への影響を正しく見極めるためにははっきり使い分けなければなりません。

債務整理とかで閉店

そりゃあ、お客様が閉店時間間際にたくさん来られて買い物していけば、
当然のことながら、品出しとか債務整理とかで閉店後も多忙で残業になってしまうのは仕方のないことですが。

私が言いたいことはここから…

大手企業なら、当たり前にパソコンが普及してる社内環境であるはずなのに、
何故?それを十二分に使いこなせなくて、だらだら残業するのか?という、
未だに昭和時代の企業体質を引き摺ってる会社が思いの外多いということです。

普通、パソコンソフトとかで手書きの書類等を電子化することはいくらでも可能です。
ところが、表計算ソフトの関数機能の使い方が未だ解らず、だらだらとページと容量ばかり使いすぎて、
計算機能どころか、印刷して出た結果が一目で解らないという、
自分だけが理解してるものを造り上げてしまってるんですよ。

債務整理となった

奨学金でなく、学生ローンだよ。
なぜ奨学金というのかわからないが、そんなものはもう存在しない。

というか、いわゆる”国立大学”も2004年に終わった。

あらゆるものが2005年、というかリーマンショックから東日本大震災を機に
大きく変わってしまった。
アベノミクスがダメを押していて、その影響がじわりとでてきているのが今で
その一つがこの学生ローン破産であり、
次に銀行カードローン破産である。
携帯ローンブラックリストもそうかもしれない。

もともとは無理のないものであったのが、
国の方針変更でなぜか大きな債務整理となったというもの。

この辺は普通の人には読めない部分だろうから、かわいそうなところもある。
といって同情するからといって、借金肩代わりするわけにもいかないから
他山の石とするしかないが、要するに教育というものを
どうとらえるかという

反芻し債務整理

ついに、チャグムがバルサから自立する時が来ました。
今や、チャグムは、王の槍となったカグロの息子・カームとともにカンバル軍を率い、
対タルシュの同盟を結ぶへく、ロタ王国に進軍するだけの力を得ています。

そうならば、とバルサはチャグムに短槍を渡し、立ち廻りを始めます。
バルサがジグロとの槍舞いの中で、過去を反芻し債務整理していったように、
チャグムもバルサとの懐かしい記憶をたどりながら、槍を交えます。
どうやら、チャグムも槍舞いの使い手になったようです。

もはやチャグムを用心棒として護る理由がないと感じたバルサは、
その契約関係を解いて、カンバルの作法に従ってチャグムに忠節を誓い、
「チャグム皇太子殿下」に対し別れを告げたのでした。

なんとさわやかな別れであることか、と思った前半とはうらはらに、
その後のタルシュと新ヨゴ国の戦いが、あまりにつらすぎました。

債務整理じゃない

国が介入しても頑固に払わないと主張する元配偶者にイラっとしながらも最近の調停の
人達を見て思うと余りにも離婚案件が多いのかさっさと合意させたいのがミエミエで・・・。
どうも無い所から取れないばかり言うけれど、無いんじゃ無くて出す気が無いだけだと言
うのは相手の生活と年収で解る。これだけの年収があって暮らせないと主張するのは
やりくり下手だって事なので最近はやりくり任されてる後妻をディスってるよ。

債務整理とか無駄遣いしちゃうと後妻みたいに馬鹿になっちゃうよってね。まぁ生活保護って制度が変
だもの。借金あると申し込めない・・・借金が無い無一文の貧乏人と借金がある貧乏人。
どちらが困ってるでしょうか?だけど借金があると申し込めない・・・この事だけでも矛盾。

働けばって言うけど、世の中働く気があったとしても雇って貰えるかは別問題だしね。そ
もそも労働力と賃金が見合ってるの?って話になるとかなりキツイ仕事して給与が安い
って人が国民の中には多いのでは?と思う。そうなると働く気力が湧くかどうかも疑問。

ただ母子関連は非養育親から支払わせる事でかなり解決するのでは?と思う。

債務整理と判断

経済が混乱している南米ベネズエラは、対外債務の返済が滞っているとして、国際的な金融の業界団体は債務不履行にあたるという判断を示しました。金融市場への影響は限定的と見られていますが、ベネズエラの不安定な政治や経済情勢への影響が注目されています。

ベネズエラでは、反米左派のマドゥーロ大統領による経済政策が行き詰まってハイパーインフレを招き、主要な輸出品の原油価格の低迷で日本円で10兆円を超えると見られる対外債務の支払いが滞る懸念もあり、債権者との協議が続いています。

国際的な金融の業界団体「国際スワップ・デリバティブ協会」は16日、ベネズエラの国債と国営石油会社の社債について、債務の返済が滞っているとして、デフォルト=債務不履行にあたるという判断を示しました。

億を超える債務整理

青森市といえばコンパクトシティの先進地として有名だが、それが失敗した
とNHKの「クローズアップ東北」が詳しく報道していた。

コンパクトシティとは、中心市街地に行政機能や商業施設を集約させ、郊外に住む高齢者も呼び込んで地域再編を図る手法。

いかにも都市計画の専門家が考えそうなやり方だが、青森では中心部の象徴的な商業施設「アウガ」が200億円を超える債務整理。

1階から4階を閉館する事態になった。目標としていた中心部の人口7万6000人も約5万人まで減少したというから、失敗の烙印を押されても仕方あるまい。
青森市は郊外に1万平方メートルを超える商業施設の出店規制をかけた。

それでもマックスバリューなど私たちがよく知っているチェーン店が乱立し、むしろ郊外に人の流れができてしまったのだ。