債務整理の番組で

組曲「展覧会の絵」、お袋が好きで、自分も幼少の頃から聞いていて…すっかり洗脳されてしまっているんですが。

その中でも「ビドロ」は、特別な存在なんですよ。

「ビドロ」ね、今聞くと低音で迫力満点、カッコよくて好きなんですが。

小さい頃は、これが怖かったんですよ。

基本、子供は低い音に恐怖を感じますからね。

だから、男は子育てに向いてない…とか言うと性差別になるんだよなぁ。

債務整理の番組では、チューバのオーケストラの人が、

「牛が牛車を曳く絵で」ってことを言ってましたが。

昔、NHKで…誰だっけ?団伊玖磨だっけ?が、「展覧会の絵」の原画を探すってのがあって。

「展覧会の絵」の10枚のうち数枚はモデルとなった絵が特定されてないとかで。

「ビドロ」も特定されてないうちの1つだったんですね。

債務整理が違うのは

19:00からのテレビ中継、くいいるように見ました。

解説やゲストが同じ、、なんか前日の準決勝のデジャブのような内容です。

債務整理が違うのは、昨日のアメリカ戦が藤田投手だったのに、今回は上野投手だった
ことでしょう。

日本の絶対エース、、序盤からみごとなピッチングでした。

日本はそつない攻撃を見せて、先制点!

ただし、その場面で惜しかったのが3塁に走ったランナーがタッチアウト!

これ、セーフに見えましたが、、微妙な誤審だったのではないでしょうか。

この回は一点に終わりました。

次の回もランナー一塁から、山本選手がみごとな3塁打で2点目!

日本ペースにみえましたが、アメリカも怖い、

ランナー12塁で、スポールディングという選手がライナー制のあたりで
ホームラン、3ランホームランであっというまに逆転で3点とられて
しまいました。

債務整理と仕事の都合

債務整理と仕事の都合でプレイボールには間に合いませんでしたが、少しだけ遅れて鶴本さんとわしはライトスタンドの指定席に到着しました。

わしらの席の周りは、わし・鶴本さん、その隣にはお母さんと思われる女性と小学一年生くらいの男の子の親子。そして、1列前の席にはわしより少し若い20代後半くらいのスーツを着た社会人男性4人組。
その4人組が社会人の割には少しチャラチャラしているなぁと思いながらも、あまり気に留めず鶴本さんと試合を観戦していました。

この日も本拠地で絶対的な強さを誇るいつものカープと同じで、リードをしながら進む試合展開。鶴本さんとわしもビールを飲みながらいい気分で応援していました。

債務整理を始めた

今日からfgo始めました。
まぁ、グラブルメインでやるつもりなのでペースは遅めだとは思いますが。

何故債務整理を始めたのかは、自分でも謎。
グラブルも同じなんだけど、唐突にやりたくなったんだよね。
まだまだわからないことだらけの新人マスターでござい。

今日も天気は良かったけど風が冷たくて、寒かったですね。
外出もせず、先日買った大神 絶景版をプレイしてました。PS42でやってはいましたが、意外に覚えているものですな。相変わらずカメラを上手く使いこなせてないとこがミソ(^◇^;)
でも相変わらず大神おろしは見ていて気持ちが良いですね。
まだ慣れなくてスクショも動画も撮れてませんが、やはりうちのネット環境は改善しなくては。

部屋で暖房はつけていたんですが指が冷たくなりすぎて、8時くらいには切り上げてしまいましたよ。
また週末にでもちょろりとやることにします

債務整理で疑問に思った

今日のNHKラジオ番組ラジオ「すっぴん!」で、人生相談の本を紹介していました。本4
この本は著者(詩人)が受け持った女性女性からの相談を年齢順に並べたもので、子供少女(を持つ親から)の相談もありました。
子供がいじめられていて泣き顔つらいという内容だ。

ここでふと債務整理で疑問に思った。電球
色々な新聞雑誌新聞で人生相談を取り扱っているが、今までの最年少名札は何歳なのか知りたい。もちろん子供本人からの投稿メールで。

とかく子供の相談となると、ラジオ番組「子供電話相談室電話」や「夏休み子供電話ひまわり」が知られているが、純粋に悩み相談がく~(落胆した顔)となると少ないであろう。
JR西日本は4日、岡山―総社間を結ぶJR桃太郎線(吉備線、20・4キロ)をLRT(次世代型路面電車)化することで合意した。低床車両を導入して運行本数を最大で2倍に増やし、駅を増設することで住民の利便性アップや地域活性化、観光振興を図る。(山陽新聞)

今回見た債務整理は

また~りコーヒーには『サッポロ珈琲館』

ロイヤルミルクティとヴァンサンカンを熟読して帰る。
最近、日が長くなってきた。春分だものねぇ~あぁ誕生日が来る

春が来たハートと思ったのに、カーテンを開けたらまっちろ雪
それでも暖かいので、雪は溶け始めるから道路はカーリング状に。

早くライダース着たいのになぁ・・・

美容院木曜日の洋裁教室

オフホワイトのベロアワンピースが仕上がりました。 う~ん・・・イメージが違う。
着てみても遠目に・・・目裸に見えるwww

上着を合わせないとならない一着となりました。

お弁当は毎度!たい焼き。

今回見た債務整理は分からないと思いますが「オムライスたい焼き」です。
ケチャップライスを挟んで、一般的な焼きもしてみましたが、全混ぜして焼くのがイチバンだ。

HM、小麦粉、餅、、餃子の皮、玉子・・・いろいろ鯛にしたが、他にはないのか?
そば粉はどだろ?春巻きの皮+焼そば?

具体的に債務整理を

原子力に関する議論があります。
原子力発電の是非については長年議論されていて、特に福島原発事故の後はその影響について、事故に伴って放出された放射性物質の影響がどのくらいあるのかについての調査が続けられています。

新聞やネットニュースにも、様々な観点から多くの記事が掲載されています。
そうした記事が技術的な観点からちゃんとしているかを見極めるのに、用語が正しく使い分けられているかどうかに注意すると判断できることがあります。

具体的に債務整理を言うと、似た専門用語がみっつあります。「放射能」と「放射線」、それに「放射性物質」です。
これらは関連しあっていますが別の言葉であって、住民への影響、環境への影響を正しく見極めるためにははっきり使い分けなければなりません。

債務整理とかで閉店

そりゃあ、お客様が閉店時間間際にたくさん来られて買い物していけば、
当然のことながら、品出しとか債務整理とかで閉店後も多忙で残業になってしまうのは仕方のないことですが。

私が言いたいことはここから…

大手企業なら、当たり前にパソコンが普及してる社内環境であるはずなのに、
何故?それを十二分に使いこなせなくて、だらだら残業するのか?という、
未だに昭和時代の企業体質を引き摺ってる会社が思いの外多いということです。

普通、パソコンソフトとかで手書きの書類等を電子化することはいくらでも可能です。
ところが、表計算ソフトの関数機能の使い方が未だ解らず、だらだらとページと容量ばかり使いすぎて、
計算機能どころか、印刷して出た結果が一目で解らないという、
自分だけが理解してるものを造り上げてしまってるんですよ。

債務整理となった

奨学金でなく、学生ローンだよ。
なぜ奨学金というのかわからないが、そんなものはもう存在しない。

というか、いわゆる”国立大学”も2004年に終わった。

あらゆるものが2005年、というかリーマンショックから東日本大震災を機に
大きく変わってしまった。
アベノミクスがダメを押していて、その影響がじわりとでてきているのが今で
その一つがこの学生ローン破産であり、
次に銀行カードローン破産である。
携帯ローンブラックリストもそうかもしれない。

もともとは無理のないものであったのが、
国の方針変更でなぜか大きな債務整理となったというもの。

この辺は普通の人には読めない部分だろうから、かわいそうなところもある。
といって同情するからといって、借金肩代わりするわけにもいかないから
他山の石とするしかないが、要するに教育というものを
どうとらえるかという

反芻し債務整理

ついに、チャグムがバルサから自立する時が来ました。
今や、チャグムは、王の槍となったカグロの息子・カームとともにカンバル軍を率い、
対タルシュの同盟を結ぶへく、ロタ王国に進軍するだけの力を得ています。

そうならば、とバルサはチャグムに短槍を渡し、立ち廻りを始めます。
バルサがジグロとの槍舞いの中で、過去を反芻し債務整理していったように、
チャグムもバルサとの懐かしい記憶をたどりながら、槍を交えます。
どうやら、チャグムも槍舞いの使い手になったようです。

もはやチャグムを用心棒として護る理由がないと感じたバルサは、
その契約関係を解いて、カンバルの作法に従ってチャグムに忠節を誓い、
「チャグム皇太子殿下」に対し別れを告げたのでした。

なんとさわやかな別れであることか、と思った前半とはうらはらに、
その後のタルシュと新ヨゴ国の戦いが、あまりにつらすぎました。